相手目線と自分目線の違いを知って価値観が崩壊する【引き寄せの超則人体実験6】

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2016-05-25 21.16.40

 

こんにちは。

ネガティブ研究員の宮崎です。

先ほど、相原さんとの収録が終わり、
例のごとく、大量に気づきを得たので、
こちらにアウトプットして行きたいと思います。

色々あるのですが、
今回の気づきの全てに共通するテーマは、
「相手目線と自分目線」
この一言に集約できると思います。

そして、僕は、まだまだこれが出来ていません。
「出来ていないな。」と感じる出来事は、
数え切れないほどあるのですが、
いくつか紹介したいと思います。

まずは、こちらの自己紹介用に
このブログに載せていた僕の写真をご覧ください。

いかがでしょうか?苦笑

「引き寄せ見習い人とか、
ネガティブ研究員と言っているくせに、
この生意気な感じは、違和感あり過ぎですよ。笑」

先ほどの収録のとき、相原さんに
そんなツッコミを入れられてしまいました。汗

「ブログでどんなに良いことを書いていても、
この写真で生意気だなと思われたら、宮崎さんが損しますよ。」

いわゆる「マイナスギャップ」というやつですね。

これは僕の特徴であり、課題です。
恋愛なんて特にそうで、第一印象は
良い人だったのが、接しているうちに、
「え、そんな人だったの?」と思われて終了です。

「え、そんな人だったの?」というのは、
例えば、寝坊してデートに遅れたり、
モノの扱いが雑だったり、大雑把だったり、色々です。苦笑

中には、人によって、気にならないものもあるかもしれません。

しかし、僕は、その気にならないような人にも、
「ちょっとなー。」と思われてしまいます。
なぜなら、「マイナスギャップ」があるから。

例えば、ハードル走の選手が、競技を始める前に、
「全然余裕!もっと高くても飛べるよ!」と言っていたのに、
いざ、競技が始まると、まったく飛べない。

むしろ、周りの選手よりも飛べていないとなると、
観客は、即効で冷めますよね。

しかも、ハードルを上げるだけ上げて、
この高さを飛ぶなんてすごいな、どんなものなんだ?と
期待があった分、余計に冷めるはずです。

この例え話は、僕が日常で
ナチュラルにやっていることそのものです。

要するに、良い格好しいなんですよね。

自分を良く思われたいという思いが
強いと言い換えることも出来ます。

それは文章でも同じで、
「相原さんは、すごい人です。」というように、
端的に言えば、僕はこんな文章をよく書きます。

すると、読み手は、どんなもんだ?と思って見に来る。そこで
、本当にすごいと納得してくれれば良いのですが、

納得しなかった場合は、「嘘つき」のレッテルを貼られてしまいます。

「ハードルを上げて良い事なんて、何も無いですよ。」

最近、やっと相原さんがおっしゃっていた
言葉の意味を実感し始めました。
(ようやく、無意識が意識化されているところです)

今まで何度も同じことを指摘されながら、
ようやく気づけたのには、そのきっかけとなる理由があるのですが、
それについては、また別の記事に書きたいと思います。

話を戻すと、ハードルを上げすぎる例として、
他にも、昔、好きな子と話していて、
「っていうか、優柔不断だよね」と、
ふとした拍子に言われたとき、

「いやいや、俺は選択肢を与えているだけだから」と、
内心ドキドキしながら、答えて、
「あ~、そうなんだ~。」と引かれたり、

自分で設定した期限を、
破ったことにも気づかず、怒られたり。

「そこは押さえとこうよ」の”そこ”を外す天才。

自分で書きながら、嫌になってきましたが、笑
本当にそんなことをしょっちゅうやらかします。

しかし、舐められたくない、バカにされたくない、
というプライドが邪魔をして、カッコ付けることをやめない。
ダサさを認めることなど考えたこともなく、
ダサい部分を取り繕うことに必死でした。

しかし、これはあくまでも自分目線での考え方であって、
相手目線になれば、その取り繕う姿の方がカッコ悪いことに、
ようやく気づき始めたのです。

例えば、「っていうか、優柔不断だよね」のように、
ふいに自分の弱点を突かれたとき、

「え?今頃気づいたの?笑」と言えるかどうか。

もちろん、優柔不断も、寝坊癖も、雑なところも、
ある程度、直していく必要があると思いますが、
そこの自分の弱さを正直にさらせるかどうか。
ここが、今の僕に足りないところだったのです。

このことが、ようやく、腑に落ちましたね。
いわゆる、価値観の崩壊です。

NEW DIMENSION講座(オンラインコース)では、
このことをアイデンティティ・クライシス(略してIC)と呼んでいます。

ICって、苦しいです。

自分が今まで正しいと思っていた価値観が、
崩壊していくのですから。

しかし、崩壊すると、今度は、新しい価値観が構築されるのです。

つまり、実は、ICは喜ばしいことなのです。

ICが起こると、視野が広くなり、
生き辛い世界が生きやすい世界へ変わっていきます。

例えば、カッコ付けることがかっこいいという価値観が、
カッコつけずに認めることがかっこいいという価値観になると、
自分は自然体でいられる上に、人からは、
弱点を笑ってさらけ出せるなんてすごいと思ってもらえます。

今まで僕は、弱点を取り繕うために、努力して、
その上で嫌われていたのに対し、
自然体で、何も努力していないのに、好かれるわけです。

しかし、カッコつける方がカッコいいという価値観だけを信じていたので、
僕は、そんな世界があることを知らなかった。

「なるほど、だから上手くいかなかったのか。」
今、僕の価値観がガラガラと崩壊しています。

価値観が崩壊すると、今までの自分がしてきた失敗を思い出したり、
これまでの自分を否定するようで、恥ずかしく、そして苦しいです。

しかし、IC=進化するための儀式(喜ばしいこと)
僕は、そのことを講座で学んで知っているので、
弱さを笑ってさらけ出せる強さを身に付けるために、
今あるプライドや価値観を壊すために、

全力でコミットして行きたいと思っています。
このブログも、そのコミットの一環として、
自分の弱さも恥ずかしい過去も、
さらけ出して行きたいと思います。

僕の気づきが、あなたの気づきのきっかけになりますように。

まとめ

 

・自分目線で生きていると、生き辛さを感じる

・その生き辛さを脱却する鍵は、IC(価値観の崩壊)

・ICは辛い。しかし、辛ければ辛いほど、乗り越えた先の喜びも大きい

 

いつもありがとうございます。

 

公式HP:

引き寄せの法則を”超”えた【引き寄せの”超”則】の秘密

アメブロ:

【ultra-law-of-attraction】引き寄せの法則を”超”えた【引き寄せの”超”則】の世界

メルマガ:

【YSM】【潜在意識で恋愛もお金も引き寄せる!365日あなたが望むすべてを叶える秘密】

youtubeチャンネル:

引き寄せの超則チャンネル

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2016-05-25 21.18.35
  2. スクリーンショット 2016-05-25 21.18.03
  3. スクリーンショット 2016-05-25 21.28.26
  4. スクリーンショット 2016-05-25 21.16.08
  5. スクリーンショット 2016-05-25 21.16.58
  6. スクリーンショット 2016-05-25 21.27.31

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

引き寄せBOY

  • 引き寄せ達人相原

世界一ネガティブな研究員:宮崎

  • 引き寄せ見習い人宮崎
  • ・欲しいものが去っていく
    ・要らないものが引き寄せられる
    ・相手のことを心から想いやれない
    ・押さえるべき所を押さえられない
    ・やること為すこと中途半端..

    そんなエネルギーだだ漏れ状態の僕が、
    引き寄せの達人の相原さんに出会い、
    引き寄せの超則をマスターしていく
    過程を綴っていきます。

    僕が相原さんに出会うきっかけとなった
    経緯の詳細について知りたい場合は、

    こちらを読んでみて下さい。

    第0章~第4章くらいまであって、
    これを読んで頂ければ、
    簡単に僕の事が分かって頂けると思います。..

全10回の引き寄せの超則マスター講座

**引き寄せの"超"則メソッド**


9割の日本人が誤解している

引き寄せの法則の驚異的な弊害とは?


引き寄せの超則マスター講座


youtubeチャンネル

  • 【引き寄せの超則チャンネル】画像をクリックするとリンク先に飛びます。いただいた質問に対する回答や、引き寄せの超則に関する音声をこちらで配信しております。 画像をクリックするとリンク先に飛びます。


    いただいた質問に対する回答や、

    引き寄せの超則に関する音声を

    こちらで配信しております。


    ※質問は、メルマガに返信、あるいは、

    お問い合わせホームにて受け付けております。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お問い合わせホーム

  • 画像をクリックするとリンク先に飛びます。<p>引き寄せの”超”則について、</p>もし、わからなかったことや、感想、成功体験などありましたら、
ぜひ、お聞かせください!画像をクリックするとリンク先に飛びます。


    引き寄せの超則について、

    疑問や感想、成功体験などありましたら、

    ぜひ、お聞かせください!

     

    ※メールを送る際は、

    必ず初めによくある質問を

    ご覧になってください。